「ポルニック」ベーカリー&カフェ 両国横綱横丁のパン屋さんのお相撲パンなど

2020年9月13日

JR両国駅前の横綱横丁にあるベーカリーカフェPORNICさんでパンを買いました。

「PORNIC」は「ポルニック」と読みます。

PORNIC」は、フランスの地名みたいですが、その意味でいいのか別の意味があってつけた名前なのかは不明です。

力士の形のパンサッカーボールデザインのパンなど、パンのビジュアルの面白さで知られるお店ですが、味も悪くなくて値段もお手ごろです。

ショップの清潔感とカフェコーナーの広さがすごくいいと思いました。

両国ポルニックインストアベーカリー

ポルニックのパン

たくさんの種類のパンが並んだスペースは、明るくて清潔感があります。

2017年にオープンしたお店でまだ新しいことも関係していると思いますが、店内がクリーンで感じのいいお店です。

とりあえず人気のありそうなものを選んで買いました。

人気No.1の塩バターパン

両国ポルニック-塩パン

塩パンはお店によって全然味が違います。

ポルニックさんの塩パンは、プレーンな感じと言うか…バターロールに近い味と食感に、バターの香りとかすかな塩気の効いたパンでした。

わりと誰でも好きそうな味かな?と思います。

塩バターパンは1個100円(税込)です。

亀のメロンパン

両国ポルニック-亀のメロンパン

普通の丸いドーム型で中にメロンクリームの入ったメロンパンもあるのですが、なんとなく亀型のメロンパンを買いました。

ポルニックでは、季節によって限定メロンパンが出ているみたいです。

しつこくないサクサク系のメロンパンで好みの味でした。

亀形のメロンパンのお値段は1個200円(税込)、中にメロンクリームの入ったメロンパンは1個160円(税込)です。

欠かせないお相撲パン

両国ポルニック-力士パン

やっぱりこれを買わないと。

両国らしく力士をかたどったお相撲パンは、クリームパンです。

ふかふかふっくらなパン生地は甘みを抑えた感じで中のカスタードクリームの味が活きてます。

値段は1個150円(税込)

ポルニックのお相撲系のパンにはもうひとつ「プレミアムあんぱん」というのがあって、丸い形に髷を結った力士の顔が焼き付けられています。

プレミアムあんパンの中はカスタードクリームと餡とのことで、こちらも人気がありそうでしたが、うちでは餡を好んで食べる人がいないので買うのはやめました。

カフェスペースは意外にすいてます

店内には明るく広々したイートインスペースがあります。

JR両国駅の近くなのに意外にすいている穴場的な場所です。

店内で飲めるドリンクの価格は

ブレンドコーヒー270円、カフェオレ300円、紅茶250円、ジュース(オレンジorアップル)300円など。(すべて税込です)

ポルニックへのアクセス

JR両国駅を出て(西口でも東口でもいいです)京葉道路側の線路と直角に走る横綱横丁を少し進むと右側にあります。

墨田区両国3-22-8
TEL 03-6320-0929

ポルニックの営業時間

両国ポルニック営業時間

営業時間は

月~金 7:00~21:00(イートインのラストオーダーは19:30)

土&祝 8:00~20:00(イートインのラストオーダーは18:30)

日曜定休です。(祝日は営業)

ベーカリー&カフェ ポルニックパン / 両国駅森下駅浅草橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーリンク