東京五輪メダル用PC回収受付は3/31まで!100%リサイクル達成まであと少しです

2019年4月8日

東京オリンピックまであと2年を切りました。

今度の五輪では、選手に授与するメダルをリサイクル金属だけで作ろうという世界史上初の試みが計画されています。

パソコンや携帯電話には金、銀、銅といった貴金属が使われています。

家庭に眠っている不要なPCからメダルを作るというプランですが、回収は思うように進まず、特に銀が足りない状態です。

回収はまさかのラストスパートで快進撃!あと少しですべてのメダルをリサイクルで作れる見込みになりました!

なので不要パソコンの受付は2019年3月31日で終了します。

回収の申し込みはこのマークのある認定業者さん

東京オリンピック-パソコン回収業者

電子機器は都市鉱山 日本は資源国

都市鉱山って、家電などに使われている資源のことです。

PCやスマホには、レアメタル(希少金属)が使用されています。

1台ごとのレアメタルは少なくても、大量の台数を集めれば相当な量になります。

日本の都市鉱山には、世界全体の10%のレアメタルが埋まっているそうで…それは私たちの家にあるという…

みんなのメダルプロジェクト

東京五輪みんなのメダルプロジェクト

世界有数の都市鉱山国家、日本。

東京五輪では、この都市鉱山を活かして表彰メダルを作ることになっています。

金銀銅のメダルは、私たちで作るのです。

これが「みんなのメダルプロジェクト」です。

東京五輪のメダルを作るのに必要な金銀銅の量

東京五輪のメダルに必要なPC台数

5,000のメダルを作るには

東京オリンピックのメダル全部を作るのに、どれだけの金銀銅が必要なのかと言いますと…

五輪では金銀銅合わせて約5,000個のメダルが選手に授与されます。

必要な貴金属量は、

金…約10kg

銀…約1,230kg

銅…約736kg

です。

データ元:読売新聞

PC・携帯1台に含まれる金属

普段使っているPCやスマホに金や銀が入っているとは、意識していません。

どれくらいの量が使われているのか調べてみると…

デスクトップPC ノートPC 携帯電話
約0.5g 約0.3g 約0.05g
約3.08g 約0.84g 約0.26g
約435.53g 約81.6g 約12.6g

※みんなのメダルプロジェクト公式ページと読売新聞のサイトにあった数値を表にしています。

PCスマホ何台でメダル1個作れるか

計算してみましょう。

メダル総数は5千個ということなので、単純に金銀銅が3分の1の1,666個ずつ必要としましょう。

そうすると金メダル1個に必要な金の量は、

10kg(10,000g)÷1,666個で6.002g

です。

ということは、

デスクトップPCなら、12台強

ノートPCなら、20台強

携帯電話なら、120台強

あれば金メダルが1個作れることなります。

なんだこれくらい簡単じゃん!と思ったのですが…

同様の計算を銀メダル、銅メダルにも当てはめて見ると

デスクトップPC ノートPC 携帯電話
12.00台 20.00台 120.04台
239.70台 878.92台 2839.60台
1.01台 5.41台 35.06台

銀メダルがきつい!!

東京五輪メダルは100%リサイクルで作れるかも

この回収は遅れ気味で足りなくなるかもしれないと言われていましたが、2018年中頃から協力者が徐々に増えて、これなら…

東京五輪のメダルはリサイクル率100%を実現できそうです!

見てくださいこれ↓

東京オリンピック-パソコン回収状況

足りなくなると思っていたので、この円グラフ見た時涙出そうでした(笑)

みんなのメダルプロジェクト回収受付は2019年3月末まで

順調にPCスマホが集まったので、この回収は今年2019年の3月31日で終了することが決まりました。

家に眠っているパソコンを東京オリンピックに活かせる機会は3月までです。

今すぐ回収を申し込んでください。

不要PCで五輪に参加するには

東京五輪_メダル都市鉱山

個人使用のパソコンなら、東京オリンピック認定回収事業者に頼めば回収に来てもらえます。

うちでもそこに回収依頼して無料で持って行ってもらいました。

認定業者に回収を依頼するメリット

みんなのメダルプロジェクトでPCを回収してもらうと、五輪への参加以外にもいいことがあります。

PCデータ完全消去ソフトが無料

この業者(リネットという会社です)では、回収を依頼した際にPC内のデータを消去するソフトを無料でダウンロードすることができます。

PCを他の人に渡すときには初期化をすると思いますが、実は初期化しただけでは、ハードディスクのデータは消えていません。

復元しようと思えば簡単にできてしまいます。

ハードディスクのデータ消去には、別の作業が必要になります。

そのソフトを無料で使えるってことです。

回収を申込むとダウンロードページが案内されるので、ソフトをダウンロードしてデータ消去して下さい。

簡単です。

※ダウンロードしたソフトでデータの消去ができないことがあるかもしれません。うちがそうでした。
その時の対応はこちらに書いておいたので、参考にしてください。

買取ではないので身分証明書のコピー等を渡す必要がない

買取ではなく回収です。

古物を売って現金を受け取ることがないので、身分証明書のコピーを渡す必要がありません。

宅配買取ならPCを送ってから買取額を聞いて、売るか返してもらうか決めるようになりますが、売却をやめたとしても、その時PCに同封した身分証明書の写しは業者の手に渡っています。

買取と言ってもかなりの低額になることが多く、数百円のために身分証明書のコピーを取られるなんて…と感じる方は、PCの買取業者は利用しないほうがいいです。

PCと一緒に古いスマホや携帯電話も回収してもらえる

PCの回収と同梱包なら、追加料金等はナシで携帯も回収してもらえます。

箱の3辺合計140cm・20kg以内なら、同じ箱に一緒に入れておけば追加料金はかかりません。

1個の箱にPC2台を入れてもOKです。

要は3辺合計140cm・20kg以内なら、中にいくつ入れてもいいってことです。

メダルプロジェクト受付期限の3/31までなら無料で回収してくれます。

みんなのメダルプロジェクト参加はコチラ 認定回収事業者リネット

(2019年3月31日まで)

スポンサーリンク